不動産からお金が生み出される投資の魅力

不動産投資はビルや商業施設の運営やマンション1棟の運営などもありますが、最近流行っているのはマンション投資です。
資産家でなくても始めやすく、一般のサラリーマンでも行っている人が増え、早い人では20代からチャレンジしています。
分譲マンションを購入して賃貸に出して家賃収入を得るというのが基本のスタイルであり、都心部のワンルームマンションなどから始める方が多くなっています。
ワンルームマンションであれば、都心部でも1000万円台や2000万円前後で買えるものもあり、資産家でなくても投資がしやすいのが魅力です。
もっとも、キャッシュで買う方は稀で、多くの方がローンを利用して購入しています。
既にご自身のマイホームで住宅ローンを組んでいる方も、収入や勤務先、他のローンの状況と新たに購入予定の不動産などによって、投資物件用のローンを組むことが可能です。
ローンを利用するメリットとしては団体信用生命保険に加入しておくことで、万が一、ローン返済中に事故や病気で亡くなっても家族に借金が残らず、保険金で全額返済ができることが挙げられます。
残された家族には借金は残らず、投資物件が残り、家賃収入が引き続き入りますので遺族年金代わりや遺族年金の補完にできます。
マイホームのローンを払いながら投資物件用のローンも返済できるのか、不安になるかもしれません。
ですが、毎月家賃収入が入ってきますので、その範囲内に毎月の返済額が収まっていれば持ち出しはありません。
また、当初は支出のない経費である不動産の減価償却費やローンの支払利息を必要経費とすることができ、毎年の不動産所得が計算上赤字になることが見込まれます。
サラリーマンや事業主の方で所得税の支払いがある場合、損益通算することにより、支払った税金が還付されたり、納める税金の金額が小さくできるので、節税対策になる魅力もあります。
計算上は赤字といっても、実際にはローンや経費を上回る家賃収入が得られることがほとんどなので、生活費やお子様の教育費などに充てることが可能です。
ローン完済後は一定の経費を除き、家賃が丸々入ってきて老後の年金代わりや補完に充てられます。
公的年金不安が叫ばれる中、家賃収入による老後資金作りは大きな魅力があります。
マンション投資のリスクといえば空き室リスクであり、家賃収入が入らないと困ることになります。
もっとも、不動産投資専門の会社を介することで、家賃保証が得られ空室リスクも回避が可能です。

不動産で働く大きなメリットはこれだ!

不動産の概念は鎌倉時代のあたりから確立されたようです。
当時は一所懸命という言葉で大切な不動産を守っていて、裁判の際にも命がけで訴訟を行っていたといいますが、それだけ多くの魅力があるのが不動産で、今回はこういった業界で働く魅力についていくつか述べていきたいと思います。
まずレインズとは、不動産流通機構が運営しているシステムの一つで会員がこうした不動産情報を一括して扱っています。
会員になれば、すぐに情報を提供できるだけでなく、きめ細やかなサービスが出来ますが、このレインズが一般開放される可能性が出ています。
これによって、単に物件を所持しているだけの業者が淘汰されて、業界の新陳代謝になる可能性があります。
また、サービスの向上も期待できます。
次に、異業種参入が昨今多数起こっているのも大きなポイントで、単に駅前に店舗を構えてもお客さんが来る可能性は減ってきています。
ですから、医療関係や、商業関係者との繋がりを意識して、マーケティングを行っていく事が重要で、悪く言えば大変ですが、よくいえば工夫次第では大きな仕事がたくさんできるという事に他ならないのではないのでしょうか。
こうした業界の改変以上に重要になってくるのが、高度な専門性や、トータルサポートの存在です。
つまり単に売る側の姿勢としてではなく、消費者としての姿勢を持つことで、自分ならこの物件でどうしたいかであるとか、周りを見ていかにその建物を活用するかを考える事です。
それが出来なければ、その物件の魅力を伝える事が出来うに、売買が出来なくなるでしょう。
また、住む目的だけでなく、収益という側面も考慮する必要があって、この場合は単に物件の紹介だけでなく、その物件を購入する事によって、いかに利益が出るのかである点や、今後20年くらいのライフスタイルの提案が出来るくらいでないといけないでしょう。
勿論、専門性以上に重要なのが、長いお付き合いというトータルサポートで、担当者として誠心誠意を以てお付き合いする事も、顧客対応の大切な分野でしょう。
このように、この業界は将来性を見据える事が出来るものがたくさんあります。
業界の改変ならばいかに対応していくかを考えて楽しんでいくのもいいでしょうし、反対に長いアフターサービスを得意となる、みんなから愛される営業マンになるというのもいいアイディでしょう。
このように、収入以上にこうした様々な目的が持てるのは実に素晴らしいメリットです。
是非こうした業界で働いてみませんか。

不動産は現場にいってしっかりと下見をしましょう。

昨今はネットや、リアル地図にによって不動産のおよその寸法や仕様がわかるようになっています。
また、見た目もネット地図やサイトの映像などでわかるようになっていますが、それでも実際にその物件を見ると見ないでは大きな違いがあるもので、今回は下見の際に注意すべき点を述べていこうと思います。
まず前提条件として、カメラとメジャーとメモや筆記用具は必須といえます。
昨今は不動産屋さんが貸してくれるところもあるようですが、それは相当行き届いたお店で、通常は皆様が用意する事になります。
部屋をチェックする上で注意すべき点は、あなたがその家に住んだ際に快適に過ごせるかを思い描くことでしょう。
例えば、ブレーカーの電圧を見て、ひとり暮らしならば30Aもあればいいですが、大家族だと数人で使ってしまうとブレーカーが飛びやすくなるので、考慮したところです。
また、ドアや窓の開閉も重要な要素で、築年数が古い場合ガタガタになっている場合もあります。
それに気づいた場合、修理をしてくれるのかの確認と、しない場合家賃に色を付けてくれるのかの交渉が出来るチャンスになります。
次に重要なのが、部屋の高さや汚れで、少しくらいならOKの人もいますが、気になる場合は修理できるかを確認します。
また、入居の条件として、汚い壁紙だけを交換する代わりに1000円安くするという物があり、これも値引きの交渉の要素になります。
また、その時は気にならないかもしれませんが、天井が低いと、ストレスになるなんて人もいますから、汚れと一緒に確認しましょう。
そして盲点なのが、エアコンや洗濯機で最近はいいものが新調されている事がありますが、安い物件の場合はそれがないときがあります。
つまりHPにはエアコン有りと書いていても、壊れたままの場合があって、下見と契約で確認しましょう。
このほかにも日あたりの問題がありますが、単に南向きだから安心というわけではなく、実際に窓を開ける事によって、いいか悪いかがわかります。
開けたところが工場だったり、騒音が激しかったり、大きなマンションがあるという事は結構ありますから、実際に開ける事が大切です。
このように部屋を見るというのは、時間も手間もかかります。
しかも何回も見る事はそうできないので、出来る限り情報を仕入れておくことが大切になっています。
お金を払う側ですから、注意点を考え交渉を行って、今回のべた注意点を参考に手に入れた情報を元に一番いい不動産を手に入れていきましょう。

不動産を内見するときは、礼儀を忘れてはいけません。

気になる不動産が見つかった場合は、まず内見をしたいと思うはずです。
この内見については、特に制約や約束事というものはありません。
あくまで不動産会社とお客様の信頼関係の下、行われる行動ですから、社会で暮らす一人間として、最低限のマナーにさえ気をつけていれば、注意されるようなことはありません。
では、内見はどれぐらいの数お願いしていいのでしょうか?
これも数に制限はありません。
同一の不動産会社だけで、10、20と見学させてもらっても一向に構いません。
ただし数多く見せてもらうためには、一つ一つ、内見後に返事をすることを忘れないでください。
同じような条件の物件を一日で見て回れる程度の数見せてもらうことは、どの方も行っているはずです。
ただし次回の内見は、前回の返事を伝えてからというのが、基本的な流れとなります。
気に入らないのであれば、正直に伝えてください。
そして、出来る限り気に入らなかった理由を伝えておきましょう。
このヒアリングによって担当者は、その意見を考慮して次の物件探しへと取り掛かってゆきます。
そうして徐々に理想へと近づけていく、これが不動産探しなのです。
次に、少し特殊な内見のシチュエーションをご紹介いたします。
そのシチュエーションとは、まだ住まれている方がいるという物件です。
現在の入居者は、礼儀として、内見前に掃除をしてくださるケースが大半です。
少しでも見やすいよう、チェックしやすいようにと協力してくれていますので、その好意を無碍にするようなことはできないはずです。
と言いましても、担当者の後についていき、各部屋で説明を受ける、気になる部分を視認するといった形で内見は進んでいきますので、そこまで硬くなる必要も無いでしょう。
それよりも、住まわれている物件の内見は、空き室とは違ったメリットがあります。
それは、入居者に話を伺える機会があることです。
内見は、一軒当たり、長くてもせいぜい30分程度です。
しかも周辺環境の確認は、その時間帯でしかできていないことになります。
今後契約に向けて、他の時間帯の様子を確認する機会を設ければ済むことですが、実際に住んでいる方から話を伺えば、より詳しい情報を手に入れることができるでしょう。
ただし入居者のお話については、強制されたものではありません。
それでも礼儀正しく内見をしていれば、気持ちが変わる可能性だってあるはずです。
そういったメリットもありますので、内見時は、しっかりチェックしてやろうとばかり考えずに、こういった部分にも気を配るよう心がけましょう。

賃貸物件選びのこだわりポイント種別と築年数

賃貸物件広告には、物件の種別が必ず書かれています。
物件の種別というのは、マンションやアパートなどの区別です。
この、マンションやアパートなどの別については、はっきりとした定めや定義は存在しません。
よって、持ち主である大家さんや仲介でその物件を取り扱う不動産会社がこの物件はマンションであるとかアパートであると決定して物件広告を作っています。
定義がないとはいえ、一般には3階建て以上の建物で耐火構造になっていればマンション、2階建てまでで木造や準耐火構造の建物であればアパートとして取り扱われています。
物件種別がマンションになっている物件は家賃が高めで、防音性など性能について優れているイメージが定着しています。
しかし、マンションやアパートの区別が法律などではっきり決められているわけではないのでアパートでも遮音性に優れた物件もありますし、逆にマンションでも隣戸からの音が伝わりやすい物件もあります。
そのため、広告上で物件種別が何になっているかだけで物件を決めてしまうのは要注意です。
気になる物件があったら、現地見学をして広さや収納スペースの有無などに加えて遮音性も自分で直接チェックすることが大切です。
他の部屋からの物音の伝わり方を知るためには、いつ現地見学をするかも重要です。
仕事や学校で在宅している人が少ない平日の昼間よりも、土日の日中の方が他戸からの物音や声をチェックしやすいと言えます。
マンションやアパートなどの物件種別とともに多くの方がこだわるのが築年数です。
築1年に満たない、入居の履歴がない物件は新築、築5年までの物件は築浅と言われています。
新築や築浅の物件は人気物件で家賃は高めです。
一方築10年を超えると家賃はかなり安くなってきます。
ここで、築年数が長い物件の中に掘り出し物の物件が見つかることがあります。
それは、リフォーム物件やリノベーション物件と呼ばれる物件です。
リフォームとリノベーションでは、目的に大きな違いがあります。
リフォームは元通りに戻す工事ですが、リノベーションでは物件の趣をすっかり変えて物件が生まれ変わります。
建て直しではないために築年数は変わらず、家賃が安めなのに室内は新築同様、またリノベーションによって流行を取り入れた室内になっている物件があり掘り出し物と言えます。
また最近では、契約する人が決まってからリノべーションを行う物件も登場しています。
そうした物件では、壁紙などの内装に自分の好みを入れることも可能です。

賃貸不動産物件の広さについて考える

不動産会社のお店で閲覧できる賃貸物件広告には、その物件のいろいろな情報が記載されています。
間取りや広さ、それにドアや窓の位置と大きさなども広告から知ることができます。
しかし、賃貸物件を決める時には、広告だけではなく現地を実際に見学する必要がありますから、広告の中で気になる物件があったら不動産会社に予約して現地見学をします。
現地見学では、まず部屋の広さが広告通りになっているかどうかを確認します。
そのため、見学当日には巻き尺を持っていくのが基本です。
巻き尺があると、部屋そのものの広さの他にも電化製品を置くスペース例えば洗濯槽置き場などに今使っている家電製品がおけるかどうかなど、またカーテンの大きさや長さなどもチェックできます。
室内の広さについては、広告の通りであることに加えて、収納スペースの点からも広さをチェックします。
というのは、室内全体が広くても収納スペースに乏しいといろいろな物を出しておくことになって、部屋を広く使えないからです。
また棚やラックなどを置くことになって、生活のためのスペースが減ってしまうこともあります。
逆に、クローゼットや押し入れのように収納場所がたっぷりあれば、生活空間を広く使うことができます。
また、広さで注意が必要なのが畳です。
和室のある賃貸物件では、6畳とか8畳として広さが記載されているのが一般的です。
ここで、畳の大きさの規格はひとつではなく、京間や中京間、団地間などいくつかあり1畳の大きさが異なっています。
ですから、畳の規格によっては自分の思っている6畳や8畳の広さと違っていることがあります。
さらに、ワンルームや2LDK、3LDKといた間取りで広さをイメージすることがありますが、間取りと実際の広さにははっきりした定義がないので3LDKだから広いといったイメージだけで選んでしまうのはちょっと危険です。
不動産会社のお店に行く前には、どんな物件に住みたいのかを間取りも含めて自分の希望やこだわりを整理しておくのが効率的です。
不動産会社にはたくさんの物件広告があり、その中から理想により近い物件を見つけるためにはいかに条件をまとめて絞り込みするかがポイントだからです。
ただ、間取りについては実際の広さと必ずしも連動していないため、条件に幅を持たせておくか、あるいは平方メートルや坪数で広さの希望を不動産会社に伝えるもひとつの方法です。
希望をわかりやすく伝えれば、不動産会社では手持ちの物件の中からできる限り希望に合う物件を紹介してくれるはずです。

賃貸物件の家賃の予算を立てる時のポイント

賃貸物件を探す時に、たいていの人が最初に決めるのが家賃の予算です。
賃貸物件の家賃は、一般的に毎月の収入の30パーセント以内とされています。
この目安に沿って賃貸不動産の家賃の予算を立てる時には、いくつか注意ポイントがあります。
まずひとつめが、月収は、固定の収入をベースとするということです。
これは、賞与やいろいろな手当など固定ではない収入は月収に含めない・家賃の予算としてあてにしないということです。
ボーナスなどを入れて家賃の予算を立ててしまうと、ボーナスが少ないとかないといったことになれば家賃の支払いに黄色信号が灯ってしまい危険です。
さらに、月収から30パーセントの家賃を支払って、残りのお金で生活していくことに問題がないかどうかも当然考えなくてはなりません。
加えて、賃貸物件に居住すると借り手には家賃の他にも月々支払わなくてはならないお金があります。
まず管理費です。
管理費というのは、アパートやマンションの中で入居者がお互い一緒に使う廊下や階段、エレベーターやごみの集積所などのいわゆる共用部分を管理するために必要な経費です。
物件や不動産会社によっては管理費は共益費などと呼んでいることもあります。
さらに、駐車場や自転車置き場の利用料が必要なこともあります。
管理費や駐車場代などは、賃貸生活を始めると家賃とともに毎月固定的に出ていくお金です。
ですから、賃貸物件の家賃の予算を考える時には、管理費や駐車場代なども組み込んでおくと後になってから慌てなくてすみ安心です。
また家賃については、希望の金額と上限ぎりぎりの金額を設定しておくと不動産会社のお店で物件広告を閲覧して迷ってしまった時に参考になります。
広告を見ているといいなと思う物件は家賃を気にしなければいくらでもありますが、家賃の上限は一度決めたら絶対に変更しないことがポイントです。
また家賃は、交通の便と密接に関わっています。
駅チカと呼ばれる物件は家賃が高めですが、同じように駅に近くても、各駅停車の電車だけよりは特急や快速電車にも乗れたり、他線への乗り換えができる駅に近い物件の方が家賃は高くなります。
これは、逆に考えると最寄りの駅をひとつずらすことで家賃がぐっと下がって掘り出し物の物件が見つかることもあるということです。
ですから、家賃と一緒に物件のエリアを考える時には、通勤や通学の便を考えながら最寄り駅を最初からひとつに絞ってしまわずにふたつか3つの間で考えるようにすると思ったよりも安い家賃で希望に近い物件が見つかることもあります。

賃貸不動産物件を探しにお店に行く前に

不動産会社のお店に行くと、いろいろなタイプの賃貸物件情報を閲覧することができます。
そのため、不動産物件探しではまずはお店に行くことを考える人が多いのですが、いきなりお店に行くのでは希望の物件を効率よく探すのが難しくなってしまいます。
それは、不動産会社のお店にはたくさんの物件広告がありますからそれらを一件ずつ見ていくのでは大変な時間がかかってしまうからです。
そこで、不動産会社のお店に行く前にしておきたいのが、自分の希望やぜひこだわりたい条件を整理することです。
物件についての希望がはっきりしていれば、お店に行った時には条件を伝えてそれに合う物件の広告を閲覧させてもらうことができます。
それに、不動産会社の方でも、何となく漠然と部屋を借りたいという人よりはこのエリアでいくらぐらい、○○の条件に合う部屋を探している、と希望の内容がはっきりしている人の方が手持ちの物件の中から希望にできるだけ近い物件を紹介できますから、理想に近い物件に早く巡り合える可能性が高くなるということです。
不動産会社のお店では、すぐに紹介できる賃貸物件を常時持っています。
お客さんの希望がはっきりしていれば手持ちの物件の中から条件に近い物件を紹介してもらえますし、全てが合致していなくても理想にできるだけ近い物件を探してもらうことが可能です。
希望条件については、エリア・家賃・オートロックや宅配ボックスの有無・ペット可など思いつくものを全て書き出してから関連性のある物どうしをまとめていくとすっきりして見やすくなります。
また、希望を書き出すことと同じくらい大切なのが、書き出した希望に優先度順位をつけておくことです。
つまり、絶対に譲れない条件からできればあった方がいい設備と、優先度の高いものから番号をつけておきます。
こうしておくと、同じような条件の物件で迷ってしまった場合に優先順位の高い条件を満たしている物件が理想により近い物件ということになりますから絞り込みに余計な時間を費やさなくてもすみ効率的です。
例えば、宅配ボックスはないけれどオートロックは完備していて家賃とエリアは希望通りといった場合に、宅配ボックスとオートロックのどちらが優先順位が高いかを比べればいいわけです。
理想に近い不動産復権にできるだけ早く出会うためには、まずは自分がどんな物件に住みたいのかを把握しておくことが第一で、そこから物件探しがスタートすると言えます。

広尾ガーデンヒルズの購入時に慌てないために、手続きの流れを知ろう

マイホームを持つことを人生の目標の一つに挙げている人は多いです。
ほとんどの人が一生に一度の大きな買い物となりますので、後悔することのないように、マイホーム購入前には入念な準備が必要です。
しかし、いざ購入となった場合、何から始めていいのか戸惑うと思います。
そこで、マイホームを購入までの流れを説明したいと思います。
まず一番先に考えるべきこと、それは住みたい地域、場所を絞ることです。

小さいお子様を持つファミリー世帯の場合、保育園や幼稚園、小学校が近くにあるかどうかが選ぶ重要なポイントの一つとなります。
また、自然環境や交通の便、街の治安も合わせて考慮する必要があるでしょう。
それに加え、スーパーやドラッグストアなど日用品の買い物の調達に不便はないか、病院などの医療施設の場所はどうかということも細かく調べておきましょう。
住みたい街が決まれば、具体的な物件の情報収集に入ります。
マンションなのか一戸建てなのか、新築なのか中古なのかという具合です。
今はインターネットでも詳細な情報を得ることが可能です。
検索していくうちに、気になる物件がいくつか出てくると思うのでピックアップしておきましょう。

その中でも、特に気になる物件を見つけたら、まず悩むよりも先に実際に見学に行ってみましょう。
様々なタイプの物件を見学することによって、具体的に条件を絞り込めるようになります。
最初はマンションが希望だったけれど、一戸建てを見学してみたらそちらの方が良くなったという話もよくあります。
納得するまで、家族全員で妥協せずに選びましょう。
また、子供の事を考えると学校も重要です、こちらに上手にまとめられていますので、参考にされてみてはいかがでしょうか・・・広尾ガーデンヒルズ近隣の学校を紹介致します。

希望する物件が見つかったら、いよいよ購入の申し込みです。
物件によっては頭金が必要となる場合がありますので、事前に用意しておく必要があるので担当者に確認しておきましょう。
それから住宅ローンの事前審査に入ります。
金融機関へ相談後、一週間から遅くとも三週間までには結果が通知されます。
ここで審査に通らないと申し込みができないので、無理のない資金計画を組むようにしましょう。
審査が通れば正式に申込み、契約の流れとなります。

契約が成立すれば、もう後戻りはできません。
ここまでに、もし不安点や疑問点がある場合はしっかり確認し、不本意な契約とならないようにしましょう。
それでもキャンセルとなってしまった場合、違約金が発生してしまうこともあるので注意してください。
その後、金融機関との住宅ローンの本契約が終われば、すべての手続きは終了です。
ここまでの長い道のりを経てマイホーム購入となります。

hiroo

広尾ガーデンヒルズをマイホームにお考えの方は、お近くの業者にお問い合わせください。
まずは実際に目で確かめてみましょう。

不動産鑑定士は魅力的な仕事です。

不動産の資格で一番有名な資格は宅地建物取引主任者でしょう。
合格率10パーセント程度で何十万人も受けるので、その人気はすごいものですが、この宅建と一緒に取っておく素晴らしい資格が、不動産鑑定士で今回はその内容と、その魅力について述べていきたいと思います。
この資格は、様々な土地を扱う資格ですが、そもそも土地問題というのは、「適切な地価」の維持と「正しい土地利用」がしっかりとなされて解決していくもので、この仕事は不動産の価格の鑑定や指導だけでなく、適切な利用をも指導する専門的な資格であり仕事であります。
宅建が土地の売買の許可ならば、この資格はそれの上位機種みたいなもので、幅広い応用が利くものになっています。
ですから単に価値を出すだけでなく、様々な企業や個人を対象として、土地の有効活用や開発計画の選定をはじめとする、総合的なアドバイスをする事が出来ます。
こうした側面がありますから、魅力もかなりあって、まず最初に収入と安定感のバランスがしっかりとしています。
宅建はあくまで売買の権利があるだけで、収入で期待が出来るのは資格手当だけで、あとは自分の売買能力に関わってきますが、なんとこの仕事は平均年収が600万以上もあります。
昨今のサラリーマンの平均年収が400~500万位と考えますと、一段階大きいですし、能力次第によって1000万円の人もざらにいますから、年収の底上げが出来る素晴らしい資格と言えるでしょう。
とはいえ、仕事自体が無ければ意味はありません。
しかし、不動産鑑定士ならば、仕事が途切れる心配がありません。
それは仮に不況時でも地価公示や、固定資産税評価の公的な仕事はなくなりようはありませんし、寧ろ不況時に増える競売などが出てきますし、相続による賃料評価は必ず存在するので、収入が高い上に、安定感が持てるので、仕事に身が入るというわけです。
そして、もう一つの魅力は物件を実際に見る事が出来る点です。
通常の住宅は珍しくもありませんが、超高級マンションを見る機会はそうありませんし、有名な建築家がデザインしたビルをすぐに、そして綺麗に見る事が出来るのは大きな強みです。
一般に公開するならば、普通に見学に行けば混雑で見られないはずです。
このように、不動産鑑定士の仕事は実入りも楽しめる要素もかなりあります。
ただ試験の難易度は宅建以上ですから、しっかりと学んでメリットを心から味わってほしいですね。