不動産で働く大きなメリットはこれだ!

不動産の概念は鎌倉時代のあたりから確立されたようです。
当時は一所懸命という言葉で大切な不動産を守っていて、裁判の際にも命がけで訴訟を行っていたといいますが、それだけ多くの魅力があるのが不動産で、今回はこういった業界で働く魅力についていくつか述べていきたいと思います。
まずレインズとは、不動産流通機構が運営しているシステムの一つで会員がこうした不動産情報を一括して扱っています。
会員になれば、すぐに情報を提供できるだけでなく、きめ細やかなサービスが出来ますが、このレインズが一般開放される可能性が出ています。
これによって、単に物件を所持しているだけの業者が淘汰されて、業界の新陳代謝になる可能性があります。
また、サービスの向上も期待できます。
次に、異業種参入が昨今多数起こっているのも大きなポイントで、単に駅前に店舗を構えてもお客さんが来る可能性は減ってきています。
ですから、医療関係や、商業関係者との繋がりを意識して、マーケティングを行っていく事が重要で、悪く言えば大変ですが、よくいえば工夫次第では大きな仕事がたくさんできるという事に他ならないのではないのでしょうか。
こうした業界の改変以上に重要になってくるのが、高度な専門性や、トータルサポートの存在です。
つまり単に売る側の姿勢としてではなく、消費者としての姿勢を持つことで、自分ならこの物件でどうしたいかであるとか、周りを見ていかにその建物を活用するかを考える事です。
それが出来なければ、その物件の魅力を伝える事が出来うに、売買が出来なくなるでしょう。
また、住む目的だけでなく、収益という側面も考慮する必要があって、この場合は単に物件の紹介だけでなく、その物件を購入する事によって、いかに利益が出るのかである点や、今後20年くらいのライフスタイルの提案が出来るくらいでないといけないでしょう。
勿論、専門性以上に重要なのが、長いお付き合いというトータルサポートで、担当者として誠心誠意を以てお付き合いする事も、顧客対応の大切な分野でしょう。
このように、この業界は将来性を見据える事が出来るものがたくさんあります。
業界の改変ならばいかに対応していくかを考えて楽しんでいくのもいいでしょうし、反対に長いアフターサービスを得意となる、みんなから愛される営業マンになるというのもいいアイディでしょう。
このように、収入以上にこうした様々な目的が持てるのは実に素晴らしいメリットです。
是非こうした業界で働いてみませんか。

Comments are closed.