不動産からお金が生み出される投資の魅力

不動産投資はビルや商業施設の運営やマンション1棟の運営などもありますが、最近流行っているのはマンション投資です。
資産家でなくても始めやすく、一般のサラリーマンでも行っている人が増え、早い人では20代からチャレンジしています。
分譲マンションを購入して賃貸に出して家賃収入を得るというのが基本のスタイルであり、都心部のワンルームマンションなどから始める方が多くなっています。
ワンルームマンションであれば、都心部でも1000万円台や2000万円前後で買えるものもあり、資産家でなくても投資がしやすいのが魅力です。
もっとも、キャッシュで買う方は稀で、多くの方がローンを利用して購入しています。
既にご自身のマイホームで住宅ローンを組んでいる方も、収入や勤務先、他のローンの状況と新たに購入予定の不動産などによって、投資物件用のローンを組むことが可能です。
ローンを利用するメリットとしては団体信用生命保険に加入しておくことで、万が一、ローン返済中に事故や病気で亡くなっても家族に借金が残らず、保険金で全額返済ができることが挙げられます。
残された家族には借金は残らず、投資物件が残り、家賃収入が引き続き入りますので遺族年金代わりや遺族年金の補完にできます。
マイホームのローンを払いながら投資物件用のローンも返済できるのか、不安になるかもしれません。
ですが、毎月家賃収入が入ってきますので、その範囲内に毎月の返済額が収まっていれば持ち出しはありません。
また、当初は支出のない経費である不動産の減価償却費やローンの支払利息を必要経費とすることができ、毎年の不動産所得が計算上赤字になることが見込まれます。
サラリーマンや事業主の方で所得税の支払いがある場合、損益通算することにより、支払った税金が還付されたり、納める税金の金額が小さくできるので、節税対策になる魅力もあります。
計算上は赤字といっても、実際にはローンや経費を上回る家賃収入が得られることがほとんどなので、生活費やお子様の教育費などに充てることが可能です。
ローン完済後は一定の経費を除き、家賃が丸々入ってきて老後の年金代わりや補完に充てられます。
公的年金不安が叫ばれる中、家賃収入による老後資金作りは大きな魅力があります。
マンション投資のリスクといえば空き室リスクであり、家賃収入が入らないと困ることになります。
もっとも、不動産投資専門の会社を介することで、家賃保証が得られ空室リスクも回避が可能です。

Comments are closed.