賃貸物件の家賃の予算を立てる時のポイント

賃貸物件を探す時に、たいていの人が最初に決めるのが家賃の予算です。
賃貸物件の家賃は、一般的に毎月の収入の30パーセント以内とされています。
この目安に沿って賃貸不動産の家賃の予算を立てる時には、いくつか注意ポイントがあります。
まずひとつめが、月収は、固定の収入をベースとするということです。
これは、賞与やいろいろな手当など固定ではない収入は月収に含めない・家賃の予算としてあてにしないということです。
ボーナスなどを入れて家賃の予算を立ててしまうと、ボーナスが少ないとかないといったことになれば家賃の支払いに黄色信号が灯ってしまい危険です。
さらに、月収から30パーセントの家賃を支払って、残りのお金で生活していくことに問題がないかどうかも当然考えなくてはなりません。
加えて、賃貸物件に居住すると借り手には家賃の他にも月々支払わなくてはならないお金があります。
まず管理費です。
管理費というのは、アパートやマンションの中で入居者がお互い一緒に使う廊下や階段、エレベーターやごみの集積所などのいわゆる共用部分を管理するために必要な経費です。
物件や不動産会社によっては管理費は共益費などと呼んでいることもあります。
さらに、駐車場や自転車置き場の利用料が必要なこともあります。
管理費や駐車場代などは、賃貸生活を始めると家賃とともに毎月固定的に出ていくお金です。
ですから、賃貸物件の家賃の予算を考える時には、管理費や駐車場代なども組み込んでおくと後になってから慌てなくてすみ安心です。
また家賃については、希望の金額と上限ぎりぎりの金額を設定しておくと不動産会社のお店で物件広告を閲覧して迷ってしまった時に参考になります。
広告を見ているといいなと思う物件は家賃を気にしなければいくらでもありますが、家賃の上限は一度決めたら絶対に変更しないことがポイントです。
また家賃は、交通の便と密接に関わっています。
駅チカと呼ばれる物件は家賃が高めですが、同じように駅に近くても、各駅停車の電車だけよりは特急や快速電車にも乗れたり、他線への乗り換えができる駅に近い物件の方が家賃は高くなります。
これは、逆に考えると最寄りの駅をひとつずらすことで家賃がぐっと下がって掘り出し物の物件が見つかることもあるということです。
ですから、家賃と一緒に物件のエリアを考える時には、通勤や通学の便を考えながら最寄り駅を最初からひとつに絞ってしまわずにふたつか3つの間で考えるようにすると思ったよりも安い家賃で希望に近い物件が見つかることもあります。

Comments are closed.